通年 茶室

表千家と裏千家の違いは何ですか


 体験にいらっしゃった方によく聞かれる質問です。「表千家と裏千家の違いは何ですか。」一言で言ってしまえば、兄弟です。千さんという苗字のお兄さんと弟さんです。
千利休から茶道が始まり、その孫千宗旦に兄弟がいました。千宗旦の家である不審庵を、兄である千宗左に家督とともに譲りました。ここで表千家の千宗左の始まりです。そして、父宗旦と弟の千宗室は不審庵の裏に今日庵を建てて移ったのです。ここが裏千家の始まりです。敷地は兄も弟も一緒だったため、仕切りのように今日庵には宗旦の手植えの銀杏があります。そのため、今でも銀杏は裏千家のシンボルマークとなっています。
 銀杏には、木がコルク質で水分を貯めるとの事で、京都市中の火災延焼で、裏千家も利休像を池に埋めたりしました。火災でいよいよ危ないと言う時には、銀杏が水を噴出し、今日庵は火災をまぬがれたとの逸話も残っています。今日庵の銀杏は今でもご神木として注連縄をして祀られています。お寺や神社にもよく銀杏があるのは、水を貯え自然災害からお寺や神社を守るご神木の意味です。
 千家にはもう一つのお家元、武者小路千家があります。官休庵の千宗屋です。こちらは、宗旦の腹違いの兄弟になります。道を隔てた所に官休庵が今でもあります。点前の流れはみな同じですが、作法が少しづつ違います。

検索

-通年, 茶室

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.