10月

桐一葉(きりひとは)

本日の香合。              「桐一葉落ちて天下の秋を知る」     豊臣秀吉の家臣である片桐且元(かたぎりかつもと)が詠んだと言われています。桐は五三の桐。豊臣家の家紋です。桐一葉が落ちるとは豊臣家の衰退の兆しを詠んだと言われます。

しかし、茶道では桐は他の木よりも早く葉が落ちるとされていることから、「桐一葉」は秋の始まりを感じる言葉として知られています。「桐一葉」という香合や茶杓銘が使われます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 桐一葉/沓手鳥孤城落月 / 坪内 逍遥 / 岩波書店 [文庫]【宅配便出荷】
価格:285円(税込、送料別) (2022/10/19時点)

楽天で購入

検索

-, 10月

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.