10月

不白忌

川上不白は、江戸千家、表千家不白流の流祖であります。

和歌山県新宮に生まれ、表千家7代如心斎から茶道を学びました。22才で「宗雪」の茶名をもらい、31才で真台子を伝授され、その如心斎から頼まれて江戸に茶道を広める目的と、利休遺偈を取り戻す使命を託されて江戸に出てきました。利休遺偈については、また今度。

江戸で茶道を広めるために、京都の茶道の一子相伝とは違い、たくさんのお弟子さんに茶家を譲り、茶道文化が盛んでなかった江戸に茶道を根付かせました。そのため、不白流は江戸千家、表千家不白流などいくつかの流儀に分かれています。江戸で茶道を広めることができたことにより、表千家家元如心斎から頼まれたある使命の役割も果たすことができました。

たくさんの功績を残した不白でありますが、代をお弟子さんに譲った後の雅号が「孤峰」です。

「孤峰」の雅号には、禅問答があります。
僧、曹山に問うていわく雪千山を覆うなんとしてか孤峰白からず
山いわく異中の異を知るべし
僧いわく如何なるか是れ異中の異
山々は雪に覆われているのに、なぜあの山だけは雪が降り積もらないのですか。
世の中には他とは異なったものというものがある。
その中でも、特に異なったものとは何ですか。
山々にあてはまらない優れたものである。
という意味である。

一見すると、人とは違うというものに見えがちであるが、実は他の人とはくらべものにならないくらい優れたもの意味である「弧峰」です。

川上不白の不白忌は10月4日です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

川上不白の茶 【中古】
価格:2500円(税込、送料別) (2021/10/8時点)

検索

-10月

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.