6月 茶花

沙羅(夏椿)

平家物語の冒頭で有名な「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」という一節にある樹木が「紗羅」です。別名は「夏椿」

正確には「紗羅双樹」の花に似ているから「紗羅」と呼ばれます。「紗羅双樹」はインド辺りの熱帯気候でしか育たない花のようです。別名の「夏椿」は、その名のとおり、夏に咲く花で椿に似ているからです。

日本の「沙羅(夏椿)」は朝に花開き、夕方には落ちてしまう一日花。仏教の無常観を表す花として、様々なお寺に沙羅双樹の代わりとして植えられています。

平家物語の冒頭の現代語訳ものせておきます。

祇園精舎の鐘の音には、この世の全てが常に変化していて、一瞬と言えども同じ状態ではない、という無常の響きがある。沙羅双樹の花の色は、盛んな物でも必ずや衰えるという道理を示している。驕り高ぶる者も長くは続かず、落ちぶれるだろう、ただ春の夜の夢のように。勢い盛んな者も遂には滅びるというのも、まったく風の前の塵と同じである。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【椿苗木】 夏椿 涼風 3寸ポット植え 【花木庭木・椿・ツバキ・つばき】
価格:1430円(税込、送料別) (2022/7/6時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

京やI350 正絹 三本絽 袋帯 夏袋帯 夏帯 西陣名門謹製 お太鼓柄  銀糸 金糸 夏椿 フォーマルからカジュアルまで 仕立て上がり 単衣兼用 リサイクル着物 美品 6月7月8月9月に 夏着物に 単衣の着物に あす楽対応 送料無料
価格:34100円(税込、送料無料) (2022/7/6時点)

楽天で購入

検索

-6月, 茶花

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.