6月 7月 水指

水月焼

我が家に一度見たら忘れられない水指があります。

水月焼の蟹の水指。

愛媛県道後温泉のお土産として作られ始めた焼物です。初代は好川恒方。二代は奥様の恒悦。お弟子さんが一人いたようですが、その方がなくなり、2012年閉窯になっています。

道後温泉の近くにたくさんいる天神蟹をモチーフに作られています。絵と彫刻、焼物の三位一体のものを作りたいと努力した作陶。


   

四国の陶器の多くは平賀源内の指導から始まっているとのこと。三谷林叟(1749~1845)が平賀源内の甥である堺屋源吾に学び、高松藩のお庭焼として屋島焼(八島焼)を開いて、楽焼、交趾風の焼き物を作りはじめました。今では閉窯ですが、昭和初期まで活躍していた窯です。愛媛、香川、瀬戸内の陶芸は林叟の流れを組んでいると言われています。この水月焼もこの流れの楽焼だろうなと思われます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山口造形企画室 道後温泉ペーパーオーナメント≪メール便(ネコポス便)対応商品≫≪熨斗対応不可≫
価格:1500円(税込、送料別) (2022/7/29時点)

楽天で購入

検索

-6月, 7月, 水指

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.