通年 茶入・棗・茶器 茶杓

抹茶をならす。抹茶を掃く。


 抹茶を茶碗に一杓半。そして、茶杓の櫂先でならします。茶をならすのは、お湯が均等に抹茶に浸透するための作法です。流儀によっていろいろならし方があるようです。
 私の教室でも、違う流儀を習っていたことがある方は、手慣れた感じでサラサラとならす方。「井」の字を書く方。みなさん手がいろいろでした。
 私の流派は、上・下・真ん中と三行に茶杓で線を引き抹茶をならします。この三行が「天・地・人」を表します。つまり天の神様(太陽)、地の神様(土)、人の力によって美味しい抹茶が作られています。それらすべてに感謝をして抹茶は頂くものということです。


 棗からの抹茶の掃き方を解説します。(私たちの流儀の掃き方です)抹茶を入れることを「掃く」と言います。水屋道具に茶入や棗に抹茶を入れる道具に「茶掃箱」と呼ばれるものがあることから、茶を入れることを「掃く」と言います。
〇茶杓を右手で取り、棗を左手で膝の真ん中に取ります。
〇茶杓を握りこんで、右手の親指と人差し指、中指の3本で棗の蓋を取ります。
〇蓋を取りながら、蓋は茶碗の右側に、棗は茶碗の左側におろします。これを両開きにすると言います。蓋は畳に置き、棗は茶碗と同じ高さまでおろします。
〇棗は動かさずに、茶杓を右手片手で持ち替えて抹茶を1杓半茶碗に掃きます。
〇棗を膝の真ん中まで引いてから、「天・地・人」と茶をならします。
〇茶杓を右手片手で上から持ち直し、茶杓の下3分の1くらいの場所で、茶碗の縁をたたいて抹茶を落とします。茶杓の向きは下向きで、1回だけたたきます。
〇棗を持っている左手は膝の真ん中から動かさずに、右手で棗の蓋を取り、膝の真ん中で棗の蓋を閉めます。閉める時の棗の蓋の導線は、右手の肘の方から回して蓋を閉めます。
〇左手で棗を定位置に置き、右手で茶杓の櫂先を下げて棗の上に丸く置きます。

検索

-通年, 茶入・棗・茶器, 茶杓

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.