通年 茶入・棗・茶器

棗・平棗・茶器・茶入の蓋を取る位置は

薄茶器の蓋を置く場所に「真・行・草」があります。
「この蓋はどこに置きますか?」「茶碗の下ですか?茶碗の横ですか?」お稽古でよく聞かれることです。蓋の置く位置は、薄茶器の形で変わります。茶巾で茶碗を清めた後に茶碗を置きます。この後、薄茶器の蓋を「真・行・草」の位置に置きますので、そのことを考えて茶碗の置く位置を先に決めなくてはいけません。薄茶器の蓋を取る時になってから、茶碗を動かしたりしてはいけないのです。

棗の蓋は、茶碗の右に置きます。これは「」の取り方です。棗とは果物の「なつめ」の形をした甲拭きする茶器のことです。棗は茶入として使われることがあるため、茶入と同格となり「客付」に蓋を置く「真」扱いになります。

平棗の蓋は、茶碗の斜め下に置きます。これは「」の取り方です。平棗は扱って、左手のひらにのせて茶を入れます。平棗は蓋が大きいので、斜め下に置くと覚えました。

棗以外の形の茶器の蓋は、すべては茶碗の下に置きます。これは「」の取り方です。棗以外の形というのは、金輪寺・中次・薬器などです。呼び名も「棗」とは言わず「茶器」と言います。

濃茶の茶入の蓋は、どんな形であろうともすべて「真」の取り方です。したがって、茶碗の横の「客付」に蓋を置きます。「茶入」と呼ぶものは濃茶を入れているもの全ての相称です。(向切・隅炉・逆勝手の茶室には、これに準じません。)

合わせて読みたい

検索

-通年, 茶入・棗・茶器

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.