茶碗

辰砂(しんしゃ)

赤色が心に残る辰砂釉(しんしゃ)。辰砂とは、中国の鉱物、辰砂から来ています。辰砂は、中国の辰州で取れる鉱物ですが、真っ赤な色。この鉱物に、辰砂釉の色が似ているため、この名前がつきました。鉱物の辰砂は、水銀の赤ですが、陶芸の辰砂は銅を混ぜて赤色を出しています。

どんなしつらえでも使える茶碗ではあります。私は、11月の茶席で辰砂の水指一つ置きを見たことがあります。紅葉の季節にピッタリの道具でありました。

こちらは、辰砂の茶入。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お抹茶の色を鮮やかに映し出す 辰砂 三角碗 京焼・清水焼【あす楽】
価格:8800円(税込、送料別) (2021/10/13時点)

楽天で購入

検索

-茶碗

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.