2月 3月 茶花 和菓子 懐石

利休忌

2月28日は利休忌。旧暦3月28日までに各流派で利休忌が行われます。

我が流派では、利休様に供茶を差し上げてから、同じ茶で拝服します。その後、五事一行という七事式を行い、埋み豆腐を頂いて終了となります。

我が家の利休像と三具足は、裏千家の先生から頂いたものです。有り難く使わせていただいています。

三具足とは、燭台と香炉と花入の仏具です。花入には、菜の花が手に入れば飾ります。菜の花は、利休様が亡くなった時に、庭一面に咲いていたという逸話が残っています。

和菓子は、基本的には「利休饅頭」です。

「利久」の焼き印は利休様が好まれたものであろうという饅頭のことです。「利休」と直接焼き印をつけるのはおこがましいということで「利久」という焼印になっています。

最後に頂くのが、「埋み豆腐」です。

ご飯に豆腐の味噌汁をかけて頂くものです。利休忌は準備などが忙しいため、簡単なご飯にしていただきます。

検索

-2月, 3月, 茶花, 和菓子, 懐石

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.