4月 茶花

苧環(おだまき)


「苧環」というのは糸巻きの道具のことです。麻糸を巻いたもので、着物の柄でもよくあります。歌舞伎の様々な演目でも、苧環が物語を彩る重要な小道具として活躍するそうです。昔の人にとって、苧環はとても身近なものだったことがうかがえます。この糸巻きと苧環の花の形が似ていることから同名で呼ばれています。糸巻きに似ているということから糸繰草(イトクリソウ)の別名もあります。咲いた姿は、可憐であり、この世の形状とは思えない不思議な花の形だな~、とじっと眺めてしまいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミヤマオダマキ
価格:550円(税込、送料別) (2020/4/20時点)

検索

-4月, 茶花

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.