12月 茶碗 和菓子

木守

「木守」とは、柿の木に一つだけ柿を残しておく風情を言います。

来年もたくさん柿が実るようにという願いを込めて、残しておきます。

「木守」という名の黒楽茶碗もあります。

長次郎の7種の茶碗の一つです。

利休がお弟子さんと長次郎の茶碗を分けた時に、一つだけ残った茶碗があり、利休が「木守」と名付けたという逸話が残っています。

その「木守」に思いを馳せて作られた和菓子もあります。

柿あんが挟んであり、優しい味わいです。

検索

-12月, 茶碗, 和菓子

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.