茶碗

御本立鶴茶碗

「御本立鶴茶碗」は大福茶で細川三斎の喜寿をお祝いする時に、小堀遠州が茶碗の形をデザインして、三代将軍家光が描いた立鶴の絵をもとに髙麗で焼いたのが始まりです。形は少し口縁が広がっていて立鶴の絵は、全体を白土で象嵌していて、くちばし、足、羽は鉄釉が少し施されています。全体は枇杷色で御本の特徴のピンクの斑点(鹿の子)が出ています。大福茶用に作られたので、お正月の濃茶にはとても良いです。

この「立鶴茶碗」高台に特徴があります。高台が三つに割れていますが、その高台の長さが三つとも違います。兜巾がしっかりとあります。
写しは本歌にならってできています。

検索

-茶碗

Copyright© 茶の湯辞典 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.