通年 茶室

襖(ふすま)の種類「太鼓張り」


 「襖」は日本ならではの扉です。外国のようにノックして開けるドアではなく、襖は二手で開ける。襖は一手目で少しばかり開けることによって、相手に開けることを知らせるノックの代わりになります。それからおもむろに二手目で大きく襖を開きます。襖を開けるのにも、呼吸が大事なことがうかがえます。
 茶室の襖は白無地が基本です。小間でしたら光を通さないですし、照明の助けとなるからです。
 小間には、太鼓張りの襖が多いです。襖に黒い縁をつけないで、桟の両面から障子紙を張って手掛かりをつけた襖のことです。
太鼓張りには、茶室におけるいくつかの利点があります。
〇縁をつけないことで、部屋が広く感じます。
〇縁がなく白一色のため、夜咄の茶事の時など、灯火を映し茶席を明るくする助けをします。
〇太鼓張りの名の通り、襖の中が空洞になっているので襖を閉めて水屋にいても、席中の音が聞こえるようにできています。
 難点は、太鼓張りには手掛かりになる縁がないため、襖の開け閉めが難しいです。開ける時は、右手で自分側の引手を少し開き、右手で下の方の縁の部分に手を添えて開きます。閉める時は、縁をつかんではいけないので、左手で相手側の引手に手をかけて10センチくらいまで閉めて、左手で自分側の引手に手をかけて閉めます。相手側の引手部分が見えないので、左手で探すのが難しいですが、正座をして目線のところにあるのが普通です。職人は様々なことを考えて茶室を作り上げています。
(参考文献)「茶の湯稽古場日誌」黒田宗光(淡交社)

検索

-通年, 茶室

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.