通年 掛軸

茶の十徳

 「茶の十徳」とは、栂尾(とがのお)高山寺の僧で、日本で初めて茶を栽培した明恵上人が言った言葉です。茶道を稽古していると、色々な良いことがあります。それを十の徳としてまとめたのが「茶の十徳」です。
 茶通箱のお点前の時に、指を動かしながらこちらを唱えます。
一、諸天加護 茶を喫すれば、仏紙の守護により幸福になれる
二、父母孝養 父母を養い、孝行するようになる
三、悪魔降伏 悪心邪念を除去して、快適な生活を保障する
四、睡眠自除 睡魔を追い払ってくれる
五、五臓調和 茶を喫すれば、体が整い、健康になる
六、無病息災 病気することなく、寿命が延びる
七、朋友和合 周囲の人とも和合できる
八、正心修身 正常な心で修身できる
九、煩悩消滅 諸悪の根源たる欲望を断ち切ることができる
十、臨終不乱 死に臨み、少しも惑わず、正念が得られる
 年を重ねるごとに、この十徳をしみじみと感じます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蓋付マク(茶漉付) 茶の十徳 82455-389
価格:987円(税込、送料別) (2020/5/23時点)

検索

-通年, 掛軸

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.