7月 水指

釣瓶(つるべ)の水指

 蒸し暑いこの季節。「釣瓶(つるべ)」の水指を濡らして使うと涼しさが伝わる一服となります。「つるべ」とは、井戸水をくむために、縄の先につけておろす桶のことで、これを千利休が見立てて蓋をつけて茶室の水指にしたものです。お点前ごとにしっかりと濡らして、きちんと拭きあげてから畳に置きつけます。30分のお点前で水指が乾いていく様を楽しみます。つるべは炉の点前でも使うことができます。名水が手に入ったときなどに、熨斗をかけて一つ置きにして使います。釜に近い方の蓋を開けますので、炉と風炉では、水指の蓋が開く方向が変わります。

お道具組

「朝顔」の色紙。「朝顔につるべとられてもらい水」加賀千代女の俳句を思い浮かべます。

京焼の刷毛目の平茶碗に千鳥の茶巾点前。茶器は織部焼の「手がめ」です。茶杓銘は何を使いましょうか。「遣り水」などが涼しさにつながりますでしょうか。

つるべの水指は柄杓と蓋置を飾り残すことができます。つるべの水指が濡れていることと蓋の上に飾ることから、軽くて水分を吸収する竹の蓋置が良しとされています。


釣瓶の蓋の開け方を解説します。
〇右手で左の蓋の奥を少し手前に押します。
〇左の蓋の手前真ん中を右手で引き出します。
〇左右と左の蓋の角を取ります。
〇両手ですべらせながら左の蓋を引き抜きます。
〇両手で右側の蓋に重ねて、すべらせてしまっていきます。
〇両手から蓋の真ん中を右手で持ち、少しだけ手がかりを残します。

釣瓶の蓋の閉め方を解説します。


〇少しだけ残していおいた手がかりの部分を、右手で蓋の真ん中を持ち少し引きます。
〇左右と蓋の角をを取ります。
〇両手ですべらせながら、蓋を引き抜きます。
〇両手で蓋を左にのせて、すべらせてしまっていきます。
〇両手から蓋の真ん中を右手で持ち、最後まで蓋をしめます。

検索

-7月, 水指

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.