4月 11月

佐保姫と竜田姫

「佐保姫」とは、春をつかさどる女神の呼び名です。「佐保」とは、奈良県の「佐保山」のことです。「佐保山」は、平城京の東側にあります。方角の「東」は、陰陽道の四季で表すと「春」に当たります。そのため、「佐保姫」は春の女神といわれてきました。様々な和歌でも佐保姫は詠まれています。「佐保姫の糸染めかくる青柳をふきなみりそ春のやまかぜ」(兼盛集)

そして、「佐保姫」と対になっているのが「竜田姫」です。「竜田姫」は、秋をつかさどる女神の呼び名です。「竜田」とは、奈良県の「竜田山」のことです。「竜田山」は、平城京の西側にあります。方角の「西」は、陰陽道の四季で表すと「秋」にあたります。そのため、「竜田姫」は秋の女神といわれてきました。「見るごとに秋にもなるかな竜田姫もみぢ染むとや山も着るらん」(詠み人しらず)
竜田姫も佐保姫どちらも裁縫や染め物を得意とする女神で、春霞の雲の色、竜田の錦の色はそれぞれの女神が色づけていると言われています。

三木町棚に雲錦の水指。躍り桐の棗。

春爛漫。

検索

-4月, 11月

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.