通年 掛軸

六中観

「六中観」とは、陽明学者安岡正篤の座右の銘です。              死中有活               苦中有楽               忙中有閑               壺中有天               意中有人               腹中有書

分かりやすい文字の羅列なので、自分なりの六中観を考えればよいのかもしれません。

一、死ぬほど苦しい中にも、生きる活力を見つければ変化がおきてくる。

一、苦しいと思う状況の中にも、考え方一つで楽しさはある。

一、忙しい中でこそ、一時の休みや閑は有益である。

一、茶室(壺)その中に入りこめば、普段とは違う世界観(天)がある。

一、意思を持って進めば、人はついてきてくれる。

一、いつも自分の心の中(腹)には、先人達の教えや書物がある。

現在の私が考える六中観です。年を重ねるごとにこの六中観は変わっていくように思います。十牛図と同じように、何度も何度も立ち止まって考えたい言葉です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 陽明学のすすめ(2) 人間学講話「安岡正篤・六中観」 /深澤賢治【著】 【中古】afb
価格:500円(税込、送料別) (2021/9/27時点)

楽天で購入

検索

-通年, 掛軸

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.