7月 茶花

風知草(ふうちそう)


(露草・松虫草・風知草)

 さわさわと風に吹かれる感じが涼しさを伝える風知草(ふうちそう)。生けると縞葦と間違えそうですが、風知草は黄色と緑の縞模様の葉です。縞葦は白と緑色の縞模様の葉です。
 風知草は花言葉が素敵で、さわさわと風になびいている様子にちなんで「未来」という花言葉がついています。
 風知草の葉は根元まで辿っていくと、つけ根でねじ曲がっていて、表が裏に、裏が表になっていることから「裏葉草(うらはぐさ)」の別名があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【山野草】斑入風知草
価格:657円(税込、送料別) (2020/7/19時点)

検索

-7月, 茶花

Copyright© 茶の湯辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.